派遣ってどうよ?!良いの悪いの?

派遣という働き方のメリットはまず

 

  • 就業先を派遣元が探してくれるということ
  • 派遣先が終わっても次を探してくれること
  • いずれ派遣先が本採用してくれること

 

でしょう。

 

なので良いメリットはたくさんあります。

 

派遣には登録型と、常用型の2種類があり、常用型は特別な技術などが必要で、派遣元の正社員となって派遣先企業へいくというスタイルが一般的です。登録型は仕事があるときだけ仕事をもらえ、無いときは無給となって辛いものです。

 

派遣のメリットは?

今までの派遣法では、派遣先に3年居ても本人に本採用の希望があっても派遣先がダメといえばダメだったのだけど、今度派遣法が通れば、3年派遣先での実績があれば、本人が本採用してくれとお願いしたら受け入れないと行けないというものです。

 

これは何が良いのかというと、
派遣元で何社か渡り歩いたとして、すごく自分にあっている、さらに派遣先も気に入ってくれたという両思いの状態になったらまず3年間実績を積み、晴れて正社員に成れるというものです。

 

気に食わない派遣先だったら派遣元に言って変えてもらえるし。気に入った職場だったら正社員も射程圏内となりますので。

 

しかし常用型ですと、派遣元の正社員の場合は派遣先で10年いようとその派遣先の正社員になれるという法律はなく、双方の合意などでうまくいくと派遣先正社員になれるというものです。

 

事実わたしが出向していた派遣先は超1流企業ですが、13年いても派遣元の正社員って人がいます。たとえそれでも、正社員ってことに変わりがないわけで、職にあぶれているわけじゃありません。

 

営業に仕事を探してもらえる

 

自分で正社員を探しても、もし採用されても自分に合っているかわからないですよね。まずは派遣で探りを入れるというワンクッション置けるというのが最高のメリットって言うわけです。確かに派遣先から貰うべき給料は全部もらえませんよ、コミッションは派遣元が受け取るわけですから。

 

だから派遣先だって直接雇用したいわけです。良い人材だったら。ヘタしたら3年もまたないでオファー有るかもしれません。事実私は派遣先で働いて1ヶ月で次の更新で社員になってくれと言われました。ちょっと合わなかったんで断りましたが。

 

でも派遣として働いているにはいいのかなと言うことで、派遣で働いております。3年後考えればいい。こういった就業方式ってちょっとよくありませんか?

 

いろいろ渡り歩けるが、履歴書の職歴が増えませんから。経験も積める、いやあ、派遣バンザイですよ!

派遣会社の派遣スタッフや営業職は実際はどうなのか

近頃では、ネットで就職、もしくは転職と検索を掛けると、かなりの数の派遣会社が出てくるものです。

 

そのため、仕事を始める際にも、まずは派遣会社を通してからと考える人も少なくありません。

 

しかし、中には、派遣会社まで出向いて、登録などをしたのにも関わらず、全く仕事を紹介してもらえない、もしくは面接段階で落とされると言うケースもあるものです。

 

派遣と言っても、沢山の会社があり、一社からの依頼に、多くの派遣会社が有能なスタッフを紹介したりしますので、手に職や特別なスキル、経験が無いと即日採用は難しい仕事もあります。

 

[いきなり仕事が無くなるケースもある]

 

また、軽作業のスタッフなどは、いろんな年齢層から人気があり、応募も沢山あるようです。
そのため、一社の軽作業スタッフ募集に対し、大勢が希望したりしますので、やはり競争率も高くなる可能性はあります。

 

それに、仕事内容によっては、忙しい時期に派遣社員を雇って、暇な時期になると、解雇と言う形を取るような会社もあります。
このような点から、派遣で長期希望で軽作業に従事したとしても、必ずしも仕事が続くとは限らないかも知れません。

 

[派遣会社登録だけでもしておくとベスト]

 

けれど、派遣で今すぐに働くつもりはないが、次の仕事は派遣社員として働きたいと言う場合や、自分の都合に合わせたような仕事がしたいと言う人には、派遣社員と言う働き方は良いものです。

 

それに、登録すれば、自分に合ったような仕事を紹介してもらえる機会も少なくないため、転職のために毎日のように動くのが難しいと言う人の場合には、将来的には社員となる紹介予定派遣なども便利な制度でもあります。

 

派遣会社社員になった場合には、
それに、派遣会社によっては、登録スタッフだけでなく、その会社で働く社員を募集しているようなところもあります。

 

この場合は、もしも派遣スタッフに何かあり、急に仕事に来れなくなった際などに、代わりに先方に仕事をしにいくケースも少なくありません。

 

特に軽作業などは、現場に穴を空けられないことも多いため、このような措置を取っている派遣会社もあります。

 

[仕事内容が厳しい派遣会社もある]

 

その他にも、派遣会社によっては、新規開拓をしないといけない場合や、派遣スタッフの代わりに出ないといけないことなどもあり、かなりハードな仕事内容となっている場合も少なくありません。

 

その代わりに収入が高かったりする会社もありますが、やはり営業先にも気を使い、派遣スタッフにも気を使いますので、精神的にストレスがたまると言う人もいるものです。

 

[派遣会社から社員へと打診される可能性も]

 

これら以外にも、派遣スタッフとして働くならば、先方から社員にならないかと打診されることもあります。

 

このように社員に打診される人は、真面目で責任感があり、いつも仕事に真摯に取り組んでいたり、仕事に役立つ資格などを取得したりするような人も、社員にと打診されることもあるようです。

 

中には、期間限定の社員でも、あまりにも有能な人の場合は、先方から残って欲しいとお願いされることも少なくありません。

 

人材派遣業の登録スタッフは仕事を探す方法として選択しておくのも良いもの
しかし、派遣だけに登録していても、仕事が来ない、すぐに契約が終了してしまったなどと、心配は尽きないものです。

 

このようなことから、派遣に登録するならば、同時に自分でも仕事を探したりするのも良いかと思います。

 

また、派遣先からいつまでも仕事が来ないと嘆くよりも、ちょっとしたバイトをしながら、次の仕事を待つのも良いでしょう。